2015年2月10日に株式会社富士通研究所から、異なる日時に撮影された同じ患者のCT画像に対して、高精度に腫瘍の位置合わせをする技術を開発したというプレスリリースがありました。

一般的にCT画像では呼吸や心拍の影響で腫瘍の位置が変動してしまいます。従来、腫瘍の周辺にある血管などを手掛かりに位置を合わせる方法がありましたが、腫瘍の周辺に血管が少ない場合は位置合わせの精度が低下するという課題がありました。

今回開発された技術は、腫瘍の周辺だけでなく、より広範囲にある血管も手掛かりにすることで、腫瘍の周辺に血管が少ない場合でも高精度に位置合わせをすることを可能にしているそうです。これにより実用化の目安となる誤差2.5ミリメートル未満で位置合わせ可能な割合が、従来の約3割から約8割へ向上することを確認したそうです。この技術を適用することで、画像診断業務の位置合わせに掛かる時間を低減でき、医師の負荷軽減やより正確な診断の実現が大いに期待されます。

本技術の詳細は、2月19日(木曜日)から東北大学(宮城県仙台市)で開催される「電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)」にて発表されるそうです。

 

参考:
JCN NETWORK
http://www.japancorp.net/japan/Article.Asp?Art_ID=64165

株式会社富士通研究所 プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/02/10.html

コメントを投稿する

pagetop